家族全員で話し合いながら間取りを考える

家事のしやすさを考える

家族の中で女性が家事の大半を担っているという家庭はまだ多いことでしょう。当然家造りをするなら、そんな女性達は少しでも楽に家事ができるように造りたいと思うものです。キッチンとダイニングの位置と距離、洗濯機を置く場所と物干し場の位置と距離など、効率的に家事をこなせる動線をよく話し合ってみて下さい。それに関連して、収納に充てられるスペースを話し合うことも重要です。掃除道具などは、あまり人の目につくような場所には置きたくはないものです。そして収納してある場所から掃除はしやすいか、など間取りを決めながらイメージしてもらうと、新しい家が建った後も生活しやすくなります。どこにどのような物を収納するか、家事をしてくれる人によく話を聞いた上で間取りを決めていくと良いでしょう。

みんなの趣味を考える

暮らしを豊かに楽しくしてくれる趣味。家造りの場合も趣味は切り離しては考えられません。例えば、家族の中に読書がをするのが好きな人がいた場合、ぜひとも書斎が欲しいと思っているかもしれません。パソコンを置くのも、みんなが使いやすい場所にするか、一番よく使う人の部屋にするか話し合いが必要となるでしょう。スポーツが好きな人は、用品を家の中に保管するのか、外に物置を設置してそこに保管するか、新しい家で生活することをイメージして話し合って下さい。これ以外に高齢者や子供と同居する際にも、どういう部屋にしたいかの理想をそれぞれ持っていることでしょう。一緒に暮らすみんなが気持ち良い生活を送れるように、話し合いはみんなが納得するまで続けてみて下さい。