建築士のアドバイスをもらう

目に見えない部分のアドバイス

住宅を購入するときは既に建っている建売もいいのでしょうが、より自分たちに合った家なら注文住宅の方が良いです。ネットだけでなく雑誌や専門書などで色々な情報があるので、建築士と相談しながら家の設計をしていきます。せっかく家を建てるなら一世代で建て替えるのではなく次世代まで長く住める家がいいですが、素人だと技術的な部分は分からないところもあるはずです。そこで建築士に長く住める家にするにはどうすればいいかを相談してみましょう。木造にしても鉄筋にしても湿気が建物を傷める原因になり、傷みを減らすには基礎や柱の構造など目に見えない部分の工夫が必要になります。湿気がたまりにくく水はけのいい家なら長く住める家が建てられるでしょう。

最新の耐震技術のアドバイス

新たに住宅を建てるときは最新の建築基準法に準じる必要があり、耐震性に関しても以前の法律に比べると厳しい基準が設定されています。ただ法律においては最低基準を定めており、法律以上の耐震性を備えた住宅造りも可能です。日本は地震大国と言われ、将来どこでどんな規模の地震が発生するかわかりません。より長く住める家にするには法律で定める耐震基準以上になる耐震技術を取り入れる方が良いでしょう。より新しい耐震技術を知りたいのであれば建築士に相談して、いくつかの選択肢を出してもらいます。予算の範囲内でどんな耐震技術が利用できるのか、その耐震技術が標準の技術に比べてどれくらい優れているのか教えてもらいながら選択すると良いでしょう。