地震に強い家を造る

良質な土地を選ぶことが大切

マイホームは一生に一度の購入といわれるほど高価な買い物になりますが、せっかく建てた家も自然災害で被害を受けることもありますし、ときには倒壊してしまうこともあります。日本は地震や台風などの自然災害の多い国だからこそ、できるだけ強く丈夫な家づくりをすることが大切です。大地震はいつ発生するかわかりませんので、地震への対策もしっかりと行いましょう。地震に強い家を建てるにはまずは土地選びが大事です。いくら良い家を建てても軟弱地盤では、大きな揺れで簡単に倒壊してしまう可能性があります。水辺に近い土地や整備や造成がされて間もない土地は避けたほうが無難です。軟弱地盤であっても、土地改良をすることで耐震性を高めることもできますが、それだけ多くのコストも発生します。

シンプルなつくりにする

注文住宅では家の設計を自由に選ぶことができますが、複雑な建物にするよりも長方形や正方形などシンプルな建物にしておくとより耐震性が強いとされています。シンプルな建物は建築コストを抑えることができますし、デッドスペースができにくいというメリットもあります。この他では建物の高さを低くすることや、屋根を軽くすることも地震に強い家づくりに役立ちます。最近は耐震性に優れた様々な工法が用意されてますが、業者ごとに得意とする工法は違います。満足な家を建てるためには業者選びが大切ですので、まずは情報をしっかりと集めておきましょう。家の傷みを放置していることも、耐震性を弱くすることにつながりますので、定期的なメンテナンスも行いましょう。