マイホームを建設する時には、安全に長く住める家造りをしていくことによって後でマイホームを建設して良かったと満足することができます。そこで、将来満足できるように安全に長く住める家造りのポイントをこれからお話していきますね。

地震に強い家を造る

マイホームは一生に一度の購入といわれるほど高価な買い物になりますが、せっかく建てた家も自然災害で被害を受けることもありますし、ときには倒壊してしまうこともあります。日本は地震や台風などの自然災害の…

複数の防犯設備を設置する

安全な住まいの空間を保つには防犯設備の導入が欠かせません。現在は設備の高性能化が進んだので、家族の安全を守るのは難しくはありません。種類も豊富なので住宅の構造や予算に合わせて選べるようになっていま…

過去に工事ミスがない建築業者に依頼する

欠陥住宅に注意しよう

家造りを行う時には、欠陥住宅にならないように注意します。時折ニュースにも話題になることがありますが欠陥住宅によって、被害を受けている人も存在します。欠陥住宅の主な原因としては、設計や工事ミスです。そこで、建設業者に依頼する時にはなるべく過去に工事ミスがない業者を選ぶようにしましょう。もし、過去に工事ミスを何度も起こした事がある業者にお願いすると、工事ミスにより欠陥住宅になってしまう可能性が否定できないです。 後で後悔しても少し遅いので、工事ミスがない優秀な建設業者にお願いします。特に過去に重大な過失を行った事がある業者は、それだけ従業員の指導が行き届いていない可能性が高く、特に注意が必要ですよね。

建設業者の口コミをチェック

家造りをしていく時には、建設業者にマイホームの建設をお願いする事が多いです。そこで、建設業者を選ぶ時にはその業者の口コミをチェックします。口コミには、今まで建設業者にお世話になった人が書き込みをしていることが多くその業者の良い部分や問題点などを把握できる可能性が高いです。もし、口コミ情報で工事ミスがあったなどの口コミが多数あればその業者の建設レベルが低い可能性が高いので他の業者に依頼するようにしましょう。 口コミ情報は、お客さんの本音が記載されていることが多く良い参考材料になります。ただ、口コミを参考にする場合はなるべく多くの口コミ情報を収集する事がポイントです。口コミを参考にする時は、少数意見よりも多数意見を重視するのが鉄則です。

家族全員で話し合いながら間取りを考える

家族の中で女性が家事の大半を担っているという家庭はまだ多いことでしょう。当然家造りをするなら、そんな女性達は少しでも楽に家事ができるように造りたいと思うものです。キッチンとダイニングの位置と距離、…

建築士のアドバイスをもらう

住宅を購入するときは既に建っている建売もいいのでしょうが、より自分たちに合った家なら注文住宅の方が良いです。ネットだけでなく雑誌や専門書などで色々な情報があるので、建築士と相談しながら家の設計をし…

バリアフリーにする

高齢者や障害者は、身体の機能が低下もしくは問題を起こしています。一般的な住まいでは、快適に暮らせない恐れが出てくるので注意です。そこでバリアフリーにすれば、快適な生活を実施しやすくなります。手すり…